毛糸巻き巻きお雛様~積み木やかまぼこ板で春の節句のインテリア+つるして飾る雛人形ペーパークラフト | 松戸子育て応援サイトまつどあ

毛糸巻き巻きお雛様~積み木やかまぼこ板で春の節句のインテリア+つるして飾る雛人形ペーパークラフト

幼児でも作れるお雛様です。
積み木やかまぼこ板など、木片に毛糸を巻き付けるだけ!
紙コップやラップの芯でも良いですが、今回は、インテリアとして飾れるように木材を使ってみました。

つるして飾る雛人形のペーパークラフトPDFも用意しました。
塗り絵バージョンもあります!

広告

材料

  • かまぼこ板や積み木(丸棒がオススメ)などの木材 2つ
  • 好きな色の毛糸やひも

道具

ボンド、マスキングテープ、ハサミ

作り方

1.木材に下地を作る

木材の3分の2くらいまで、マスキングテープを貼ります。
※積み木などを材料にした場合、後できれいに剥がせるようにするためです。
再利用しない木材の場合は、この工程は省略してください。

マスキングテープの上からボンドやのりを塗りますが、手がベタベタするのを嫌がるお子さんの場合は、両面テープを使っても良いと思います。


2.毛糸を巻き付ける


1の木材に毛糸を巻き付けます。
何色か重ねて巻くのも可愛いですし、
紐などをきっちり巻いても素敵です。

積み木の丸棒は毛糸を、
カマボコ板の方は江戸打ち紐を使っています。


3.髪の毛や飾りをつける

黒い紐や毛糸を何本か重ねて、お雛様の髪を作ります。
18cmくらいの長さに切った紐を重ね、中央部分を結びます。
※紐の太さによって重ねる本数は調整してください。

中央の結び目が額になるように、木材に貼ります。
形を整えながら、横や後ろに貼り付けていきます。
後ろの余った毛は一つに束ねます。

お内裏様の冠も、紐や毛糸で作ります。
上に飛び出している巾子(こじ)の部分を、紐を重ねて折り曲げ、ボンドなどで形づくります。
巾子を頭の部分に貼り付け、その根元の部分から、残った紐を巻いていきます。

できあがり!
あえて顔を描かないのも素敵です。
扇や笏(しゃく)、丸棒のお内裏様の冠は、自宅の雛飾りから拝借しました。

幼稚園児の作品です。

つるして飾る雛人形ペーパークラフト

ohinasama_clrのサムネイルohinasama_monoのサムネイル

広告