Road To パンツ!~オムツがはずれる日~ | 松戸子育て応援サイトまつどあ

Road To パンツ!~オムツがはずれる日~

トイレトレーニング

今悩んでいるママやこれから迎えるママへのメッセージを特集!!
オムツはずし…ママにとっても子どもにとっても大きなステップなのに、はっきりとした目安や決まりはありません。

特に一人目のお子さんの場合など、いつ頃?どんな風に始めたらいいの?と、不安やとまどいを感じる方は少なくないと思います。
他のママたちがどうしているのか、聞いてみたいと思われたことはありませんか?
そこで、今まさに!から、やや昔…(!)までの体験事例を集めてみました。
専門家の方からもお話を伺っていますので、これはと思うようなアイデアやヒント、探してみてくださいね。

広告

その1. お友達のおかげで

現在4歳6か月 男の子

1:始めたきっかけと時期は?

オムツをしている状態で、「おしっこが出た!」と教えてくれるようになったのでそろそろ始めようと思いました。
2歳半ごろでした。

2:どのくらいではずれた?

1か月くらいで自分から気がつき、トイレへ行けるようになりました。

3:工夫したことは?

トイレに好きなキャラクターを取り付け

トイレに好きなキャラクターを取り付けて、トイレに行きたくなるようにしました。
上手にできたら、子どものトイレ専用のカレンダーをつくりそこへシールを貼らせました。
シールも気に入ったものを自分で選ばせて一緒に買い、ウンチのときは豪華なシールというように楽しめるようにしました。

4:その他コメントなど

とても仲の良いお友達が先にオムツがはずれていたので、お友達の影響が大きかったですね。
遊びに行った先では、その子が一緒ならば進んでトイレに行く気になったり、パンツをおそろいにしたりして楽しくオムツはずしができました。

その2. のんきなオムツはずし

現在4歳7か月 女の子

1:始めたきっかけと時期は?

3歳誕生日にパンツをプレゼント♪とかなり軽い気分で、2歳11か月25日目(誕生日5日前)に始めました。
あと紙オムツにおしっこするタイミングが3時間空いたので。

2:どのくらいではずれた?

3日間で完璧でした!!

3:工夫したことは?

◆トイレでおしっこ出来たら、シールを貼る方法
(クリアファイルにサファリチックな風景画を挟み、シールは動物たくさん)
(完成したら記念写真)
(その他、中の風景画を、海の魚系/空の飛ぶ系)
…など母が楽しみました♪
◆おしりが安定して座れるように、シンプルな格安の幼児用便座買いました。
◆シールと便座以外は、トイレにはおもちゃは無し。
◆おしっこ・うんち・トイレの絵本を1年前くらいから読み聞かせました。
◆しまじろうのトイレトレDVDを見せて、スイッチはトイレドアにセット。遊ばせていました。

4:その他コメントなど

周囲の着々と進めるオムツはずしを横目に、移動中トイレの心配無いよ、と開き直り、またいずれ無くなる【オムツおしりシルエット】を大切に考えることで、切り換えました。
プレゼントにパンツ♪を本人にも見せて「はいてみる?はくならトイレでしないと、汚れちゃうな」」で、あっという間でした。
オムツはずしにキリキリするより、たった4年弱しかないぷりぷりシルエットを、是非満喫して頂きたいです。

その3. 長期戦になっちゃった

現在3歳10か月 女の子

1:始めたきっかけと時期は?

1歳半頃(本格的には1歳10か月)から始めました。
きっかけは、自分から布パンツを穿きたがるようになったから。&トイレに興味を持ち出したから。

2:どのくらいではずれた?

1年半かかりました。

3:工夫したことは?

トイレトレをいざ始めよう!!と思ってもどうしていいかわからず・・・雑誌や本を見て自分なりに、子育て日記にまとめてみました♪
トイレトレにも、「準備期があってだんだんならしていく・・・」みたいなことが書かれていたので、さっそく1歳半に開始!!
迷ったときや、悩んだとき、行き詰ったときはこのページをみて深呼吸!!
何も知らずにテキトーに始めるより、少しでも知識をもって出来たから落ち着いてできたかな☆
あとは好きなシールでたくさん釣りました!

4:その他コメントなど

始めたのが早すぎて長期戦に・・・最初から1日パンツにすると自分もストレスだったので夕飯後~お風呂までの1時間くらいまでとか、しばらく短時間で慣れさせました。夕飯後だとおしっこも回数するので、お漏らし覚悟!!
1回すると気持ち悪くて2回目には「ちっち~」と言うように・・☆
1日まるまるパンツに出来るまで時間かかってはいるけど、自分がテキトーに進めてたのもあって、親子でどん底に落ちるほどストレスはなかったかな??
のんびりゆっくりはじめるのがベストかも!!
育児書どおりに早く始めるより、子どもとママの相性が合ったときが一番なのかもしれませんね。




その4. おしっこはすぐとれたけど、ウンチに苦戦!

現在3歳6か月 男の子

1:始めたきっかけと時期は?

2歳半に始めました。きっかけは、友達がトイレトレーニングを始めていて、子どもも興味をもったから。

2:どのくらいではずれた?

半年ではずれました。

3:工夫したことは?

アンパンマンの補助便座
アンパンマンの子ども便座を使うようになると喜んでトイレへ行くようになりました。
でも、ウンチだけは誰にも見えないところへ行き、おむつにしていました。
”ウンチでる!!”と教えてくれてもトイレですることだけは3歳頃まで拒絶されました。
いろいろ考えて、トイレの両脇に子ども様の椅子をおいて、便座に座っても足を踏ん張れるようにしたら、やっとトイレでできるようになりました。

4:その他コメントなど

幼稚園に入って困ったことがありました。
男の子はおしっこを立ってするように言われ、練習をしていたものの、入園当初はおしっこがパンツにかかってしまい、よく着替えて帰ってきました。
ウンチも上手に自分で拭けずに、パンツが汚れていることも度々ありました。

その5. 案ずるより易くてラッキー

現在3歳2か月 男の子

1:始めたきっかけと時期は?

2歳4か月で始めました。時期は8月でした。
下の子を妊娠中で、つわりもおさまっていたし、二人のダブルオムツは避けたかったので。
実家滞在中の人手のあるうちに済ませようと思いました。

2:どのくらいではずれた?

3日!!!

3:工夫したことは?

プーさんのおまる
おまるはプーさんのものにして、すぐ使えるようトイレ前の廊下に置きました。
いきなり普通のパンツをはかせ、しょっちゅう「おしっこは?うんちは?」と聞きました。(工夫というほどのことではないですね)

4:その他コメントなど

トレーニング用オムツ(パンツ)やトレーニングパンツはまったく効果無しだったのに、普通のパンツで数回ハデにもらしたらすぐ取れました。

その6. 意識してトレーニングはしませんでした

現在3歳6か月 女の子

1:始めたきっかけと時期は?

オムツを履きたがらなくなったので、家にいる時だけノーパンで過ごさせるようにしたのが始まりでした。
2歳になる頃だったと思います。

2:どのくらいではずれた?

ノーパン生活が長く確かな日にちは分からないのですが、とりあえず初めてパンツを履かせた日にオムツは卒業出来ました。

3:工夫したことは?

オシッコできたよシール表
トイレにはオモチャや本などは持ち込まず、手作りの「オシッコできたよシール表」を貼りました。補助便座もコンビ製のシンプルなものです。
しまじろうの教材も併せて使っていました。

4:その他コメントなど

娘のオムツ卒業までの流れは…
1.ノーパンで過ごさせる
2.下着(股の部分をボタン留めするタイプのもの)だけをつけさせる
3.パンツをはかせる
でした。
ノーパンだと全くの失敗知らずだったのに、オムツだとシャ~だったので、スースー感を感じるようにノーパン成功率が上がったら、下着をパンツの代わりにしていました。
下着にするとやっぱり失敗しなかったので、パンツにしたところ拍子抜けする位にあっけなくオムツを卒業出来ました。
《スースー感が大事》のようです。
あまり「トイレトレーニングするぞ!」と意識してやってはいませんでした。
(だから「どれくらいではずれた」のかが分からないんです…)
意識すると失敗した時イライラしちゃうんですよね。




その7. おむつはずしにも個性があったぁ

女の子 ○年前

1:始めたきっかけと時期は?

2歳の夏に1度挑戦!しかし、すぐに断念してしまいました。
(上の男の子は膀胱が大きいのか間隔が長く2歳半ですぐ終了の経験済み)
3歳になった夏から再度開始!

2:どのくらいではずれた?

性格がおとなしく、自分からトイレへGO!となかなか行けませんでした。
特によそのうちや、外のトイレは限界まで我慢しているタイプ。
声をかけていれば行けたので、とりあえず昼は2週間くらい?
でも幼稚園に行ってからも自分で行けずにお土産がありました。
何が出来れば終了と言えるのかな?

3:工夫したことは?

おしっこは、アンパンマンのトレーニングパンツにして、
「濡れるとバイキンマンに負けちゃう」と話していました。
濡れると急いで取り替えるの繰り返し。
子どもには理解しやすいようでした。
ウンチがなかなか出来ず、母子でトイレにこもって歌を歌い続けていました。(何曲歌ったかなぁ)
今思えば母には思い出の時間でも、子どもにとっては辛い時間?だったかも・・

4:その他コメントなど

上があっさりと終了したので、下も簡単と思い込んでいて失敗。。
その子の性格や時間の間隔によって全然違っていると実感しました。
おむつはずしの期間が終了してから気づいて反省した日々でした。

その8. 10~15年前のオムツはずし(3姉妹編)

現在・・・(長女)高二 (次女)中三 (三女)小六

1:始めたきっかけと時期は?

(長女)2歳?  (次女)3歳? (三女)4歳になる直前

2:どのくらいではずれた?

(長女)具体的には覚えてないが、早く始めたのにだらだらと時間がかかりました。
けれど時期がきたらすっととれました!
(次女)トイレの間隔がとっても短い子で、夜はなかなかオムツを離せなかっ
たです。
(三女)三人目は特にすぐ始めようとは考えず、気長に幼稚園にいく前にとれれば・・・と思っていたら、いつのまにかとれていました。

3:工夫したことは?

(長女)あらゆる工夫を!(おまる、キャラクター、シール、テレビ、絵本な
ど)ちょうど夏休みで実家に帰っていたので、そこでもおまる生活でした。
おばあちゃんは根気強いので、おばあちゃんが頑張っていました。
(次女、三女)できたときはほめまくり。

4:その他コメントなど

まずはおばあちゃんの昔のやり方。トイレというより、まめに誘ってかかえてさせていました。
あとは、あらゆる雑誌やテレビなどで情報を集め、挑戦。
なかなか思い通りにはいかずジャージャーされてイライラ。
なんてことはなく、その子の時期がきたら三人ともすんなりトイレでするようになりました。
昼は平気でも夜がなかなかとれなかった次女はちょっと心配したけど、これもまた時期(ちょっと長すぎたけど)がきたらいつのまにか平気に。
環境だったり、精神的なことだったり、性格だったり・・・
子どもはひとりひとり違うので、その子にあった時期、やり方、進め方があることを、3人育てて学びました。




まとめ

いかがでしょうか。あっけなくはずれたり、思うように進まず試行錯誤したり…
それでも、状況が異なる中で皆が等しく心掛けているのは、「楽しく」ということのようです。
子どもは楽しく、親は焦らずリラックス。
それには、トレーニングを始める時期などもポイントになりそうです。
それでは、専門家である保育士さんにお話を伺ってみましょう。

保育士さんのお話

おむつはずしは、育児相談に多い質問のひとつです。
ママたちにとって目の前に立ちはだかる大きな壁のように感じていることなのですね。
このような子どもたちの自身の身の回りの始末は、基本的生活習慣といいます。
健康な身体作りの基本という事です。
習慣というものは、同じことを少しずつ繰り返していくことで、やがて身につくということです。
しかしやっかいなことに、「できた!」とか「失敗した!」とか「拒否した!」とか・・・
子どもたちの反応や状況が目に見えるので、どうしても評価(できる、できない)してしまう事になりやすいですね。
すると今度は、「どうしましょう?!」と、あせる気持ちやてだてに悩むことにつながってしまうようです。
赤ちゃんは、とにかくゼロから始まります。
そして、個人差があります。
時期がまちまちだったり長期戦になったり、完了したかと思ったら、また逆戻りしたり。意外とすんなり。
今回のオムツはずしのテーマに寄せられたママたちの悩みや経験談にも、貴重な体験からのアドバイスがたくさん書かれています。
他の子どもと比べないで、ゆったりした気持ちを持って、オムツはずしをしていくことです。
我が子のペース、はずれるタイミングがあるのですから。

オムツはずしの準備ができているかどうかの目安

  • 濡れたオムツを気持ち悪いと感じ、取り替えて欲しいようなしぐさや表情がみえる。
  • 日中のおしっこの間隔が2時間くらいあく。
  • お昼寝から起きた時、オムツが濡れていない。
  • おしっこやうんちが出た時やしようとする時に、立ち止まったり、表情や合図、姿勢、言葉などでわかる。
  • パンツをはきたがったり、興味をしめす。

など、子どもの様子をよくみて、始めましょう。

決して叱らないこと!

何回でも、失敗を繰り返しながら、おしっこの出た感覚を体験し、出る意識や気持ち良さなどがわかっていくように、つきあってあげましょう。
タイミングよくできた時や、おまるやトイレに座れただけでも、うんとほめてあげましょう。
叱られるとトレーニングが嫌になったり、教えなくなったり、逆効果になります。
大人からみると、なんでもないことが、子どもは初体験をして習得していくのですから、
ささいなしぐさでも、初めてのことにむかってチャレンジしているんだな・・・と、ほめてあげてね。




編集後記

Road to パンツに王道はなくても、子どもの数だけ道があるということですね。
そして確かなのは、オムツがはずれる日は必ず来るということ。
子どもと一緒に、ママもゆっくり歩いていきましょう。
それでも、おしっこやウンチのお掃除でヘトヘトになったとき、ついイライラして子どもを叱ってしまったとき、またここを読み返してみてください。

パンツのまつぼう

広告