子どもを預けたい!出産後の助けが欲しい!困ったときに助けてくれるファミリー・サポート・センターって? | 松戸子育て応援サイトまつどあ

子どもを預けたい!出産後の助けが欲しい!困ったときに助けてくれるファミリー・サポート・センターって?

担当の方に直接インタビューしてきました。


1.ファミリーサポートセンターって何?

地域の中で、育児の援助を受けたい人と行いたい人が、会員となり、 育児を助け合う会員制の組織です。
利用会員はコーディネーターにより提供会員をマッチングされ、子どもを預けることができます。
※松戸市内在住、在勤の方。対象年齢は生後4ヶ月〜小学6年生まで

2.助け合いの内容は?

・保育施設までの送迎や、保育施設の開始時までや終了後、子どもを預かること。
・子どもが軽度の病気の場合に終日預かること。
・冠婚葬祭や買い物の際、子どもを預かること。
・出産直後の家事や育児、母親へのサポートをすること。
(出産予定日の1ヶ月前までに申し込みが必要)
など。

3.利用会員になるには?

入会説明会に参加して、会費を納めて会員になります。
毎月第2土曜日(予約すれば随時の対応も可能だそうです。)、
女性センターゆうまつどにて午前10時から11時半まで。
【用意するもの】
1)年会費1,200円
2)会員希望者(大人)の顔写真(3×2.4cm)

4.報酬について

・月曜日から金曜日の午前6時から午後10時 1時間1人700円
・土、日曜日、祝日、年末年始、上記の時間以外 1時間1人900円
※食事、飲食物、おむつ代等は実費負担。

5.その場で聞いてみたこと。

Q.兄弟でも預かってもらえますか?
A.提供会員がOKなら大丈夫。実際3人みられている方もいるとか。

Q.突然(当日)でも預かってもらえますか?
A. これも提供会員がOKなら大丈夫のようです。
ただし、事前の顔合わせが終了した後になります。

Q.やりとりは常にセンターの方を通すのですか?
A.事前の顔合わせまではセンターの方が間に入ります。
その後のやり取りは、会員同士で行います。

Q.トラブルが起こったときは?
A.トラブルや苦情はセンターへ連絡します。
子どもの怪我等に備えて、保険にも入っているそうです。

Q.利用会員に対して提供会員の充実度はどうですか?
適当な方が見つからない場合もありますか?
A.残念ながら現状では希望に合う方が見つからない場合もあるようです。
利用会員663人に対し、提供会員は115人です。
(登録人数。平成19年4月30日時点)

6.担当の方のお話

センターのアドバイザーは利用会員と提供会員の間をとりもつが、以後はトラブル等の場合を除き、直接お互いがコミュニケーションを取り合うことが大切です。

7.取材を終えて

このような支援があることは知っていたが、なかなか利用が難しいのではと思っていました。
実際担当の方と話をするととても温かい思いが伝わってきます。
現状では、利用会員と提供会員の割合が5:1であること、地域による数のバラツキがあるなど実際に提供会員の方とうまくマッチングする方が見つかればラッキーかな、ということも言えるようです。
取材に行ったメンバーの中でも利用してみようかなぁという声も上がりました。
利用会員、提供会員になるには、実際の活動にかかわらず、年会費1200円がかかるので、まずは入会説明会に参加してみて、自分の状況との相性を見極めるのがいいかもしれませんね。

まつどあ編集局  mori

育児支援については松戸市ホームページ>まつどファミリー・サポート・センターをごらんください。

広告