覚えておこう!スズメバチ対策 | 松戸子育て応援サイトまつどあ

覚えておこう!スズメバチ対策

はち

8月から11月は、スズメバチの活動が活発になる時期です。
スズメバチの習性を知り、襲われないように予防しましょう。

≪生息場所≫
・山林や農村部
・軒下、庭木、戸袋など

≪スズメバチが反応するもの≫
・黒っぽい色、または目立つ色。夜間は白い色に反応するとも言われている。
・強いにおいに誘われて近づいてくる。
(清涼飲料水や、お菓子、柔軟剤、整髪料など)

≪スズメバチに刺されないために≫
・巣には近づかない。
・大きな声を出したり、手で振り払ったりしない。
・姿勢を低くして静かに離れる。
・頭や目(黒い部分)が狙われやすいため、帽子を着用する。
・肌の露出は控える。

≪スズメバチに刺されたら≫
・指でつねって毒を絞り出す。
・水で洗い流した後冷やし、抗ヒスタミンの含まれた軟膏を塗る。
・体調に変化がある場合は、すぐに病院に行く。

蜂について詳しくはこちら
松戸市すぐやる課>蜂を知ろう

暑い夏が終わり、これから、外で遊ぶ機会も増えてくると思います。
公園で遊ぶ際や、ベビーカーの赤ちゃんなど、
日常生活の中でもお気を付けて下さいね。

まつどあ編集局 ぽちゃ

広告