働くママ・働きたいママ(3)働くママの体験談 | 松戸子育て応援サイトまつどあ

働くママ・働きたいママ(3)働くママの体験談

女性

第1回目は働くことを相談できる場所、第2回目は保育所(園)などの一時預かりと幼稚園の預かり保育について紹介してきました。
第3回目の今回は、保育所(園)にお子さんを通わせて働くママたちに話を伺いました。

広告

1日の時間の使い方を教えてください

朝ご飯と弁当を作って、夫と子どもを送り出し、ごみ捨てして出勤。
子どもを迎えに行って、子どものご飯を作り、一緒に食べて掃除機をして風呂に入れて寝かしつける。
夫が帰ってきて、起きたときはご飯を作ったり作ってもらったりして食べる。
食器を片付けたり洗濯物干し、炊飯器、明日の準備などして就寝。

6時に起きて朝の支度、ご飯を食べて7時半に保育所へ行っています。
帰りは18時半頃、帰ったら料理お風呂夜ご飯。
片付けをして22時に寝ています。

朝掃除機をかけて出勤、帰宅後夕飯の下ごしらえをして迎え、夕飯、お風呂、寝る。時間のかかる家事は週末。

5:30 起床、洗濯、朝食準備、保育園準備、身支度
6:30 子どもを起こし一緒に朝食
7:20 出勤(子どもの送りは夫)
18:40 子どもを迎えに行く
19:00 帰宅、夕食作り、夕食
21:00 子どもとお風呂
22:00 子どもと就寝

まつどあ編集局より

朝早く、夜は食事、お風呂が済んでからお子さんと一緒に寝ている方が多く、掃除など家事の時間や自分の時間を作るのが難しいというコメントが多かったです。
家事や食事のストック作りなどをちょっとした隙間時間や週末に行って時間の使い方を工夫しているようです。




仕事を始めてから、お子さんの事、生活、気持ちなど変わったことはありますか?
また、どう対処しましたか?

子どもは、保育園で色々覚えてきたり、生き生きとした様子で、表情も豊かになりました。いっぽう自宅ではいつもくっついていないとダメなくらい甘えん坊になりました。生活リズムもついて、メリハリが出てきた様子です。

子どもと一緒に過ごす時間は確実に減り、忙しくなりますが、その分自分一人の時間(たとえ仕事しているとしても大人だけの時間、通勤時間など)ができたことで気持ちに余裕が持てるようになった。

疲れて寝かしつけから朝まで寝てしまい、自分の時間があまり取れなくなった。

こもりっきりの生活だったので、外に出れていい息抜きになっています。始めは熱を出してばかりで、仕事を辞めようか迷った時期もありましたが、じきに熱も出さなくなりました。続けていて良かったです。

まつどあ編集局より

仕事で帰宅が遅くなり就寝時間が遅くなってしまったり、疲れて子どもと一緒に寝てしまうことも多いとのコメントが多く、一方で、土日をゆっくり過ごしたり、家事をスピーディーに終わらせるなど、前向きなコメントもたくさん。
保育所(園)への送り迎えや家事分担など、パートナーと話し合って助け合っている、という話をありました。
送り迎えに間に合わないときは、ファミリー・サポート・センターに送り迎えや夕食をお願いしている、という方もいました。
シルバー人材センターでも、家事手伝い、子守りなどを行っているそうです。
病児保育や病後児保育の市の支援もあるので、夫婦でおぎあえない場合は様々なサポートを利用していくのもいいですよ。




編集後記

ほっとるーむ新松戸で行われた『保育園座談会』で話を伺いました。
今年で3回目の開催で、保育所(園)に入園した後の生活、今の不安・疑問などの体験談を先輩ママに直接聞くことのできる会でした。

保育園座談会2016 保育園座談会
先輩ママとして参加された方は、昨年の座談会に参加された方も多く、ひろばとの繋がりも感じられました。
参加された、来春までに入園予定の方13組は、身近な方の話が聞けて、保育所(園)に預ける心構えができたとの声を聞けました。

まつどあ編集局 ここっぴぃ

関連リンク

まつどDE子育て>病児・病後児保育
公益社団法人 松戸シルバー人材センター
まつどあ>働くママ・働きたいママ(1)
まつどあ>働くママ・働きたいママ(2)
まつどあ>保育所(園)に入園するには、どうしたらいいの?【松戸市の子育て情報】