松戸子育てフェスティバル2012へ行ってきました | 松戸子育て応援サイトまつどあ

松戸子育てフェスティバル2012へ行ってきました

前回、『お腹が空いたら帰ればいいや』というくらいの軽い気持ちで遊びに行ったらどっぷりと捕まってしまい、汗だく腹ペコで遊び倒した「松戸子育てフェスティバル」。
今回はお弁当持参、荷物置き場にコートを置き、制作物を持って帰る袋も用意して準備万端で参加しました。


入り口で冊子を受け取ったら、早速各イベントの時間をチェック。
どれも気になりましたが、どうしても見たいイベントの時間だけ確認したら、後はなるべく子ども任せで回ります。

社協の広場
みんな制作に夢中!

程なく気になっていた「おやこでゴスペル☆コンサート」の時間に。
「子どもと一緒に自分の好きな活動をしているママ」の輝いている姿に元気をもらいました。

会場では、保育所(園)・幼稚園の情報収集や、母乳相談、栄養や歯の相談、育児相談などが同じ建物内でできてしまうという便利さのおかげか、1歳未満の赤ちゃん連れも多く見かけました。

また、市内のさまざまな集いの広場(おやこDE広場、子育て支援センター、社会福祉協議会主催のサロン、児童館など)が一堂に会する場とあって、スタッフさんのフォローが手厚いので、「子どもと私とだけで行っても楽しめるかしら?」と不安を感じる必要はありませんよ。
子どもたちは遊び飽きることなく過ごせると思います。

私たち親子はフェスティバル終了時間まで、おもちゃを作ったり、歌ったり踊ったり、家に帰ってからも「思い出し歌い」したりして、一日満喫しました。

フェスティバルは今年で5回目だそうですが、
「育児に関心を持っている人が子どもを楽しませるために参加するイベント」ではなく、「子育てに携わっている人ならみんな子どもと一緒になって楽しめるイベント」になっているなぁと思いました。

牧ノ原小学校臨時駐車場から随時シャトルバス運行、電車利用の場合も臨時バスが出ますので、今年行けなかった人は来年足を運んでみてはいかがでしょうか。

ママさんコーラス

子どもを抱っこして歌っているママもいました。

 プニ子

広告