日本科学未来館 | 松戸子育て応援サイトまつどあ

日本科学未来館

2歳の次女も含めて家族みんなで屋内で楽しめるところを、と思い、
お台場にある「日本科学未来館」(http://www.miraikan.jst.go.jp/)に行ってきました。


同居の家族全員が1年間、何回でも入館できる一般会員証(年間2,400円)を提示して、ササっと入館したら、6階にある人気の映像シアター “ドームシアターガイア” の受付機へ。
予想はしていましたが、開館時間(10時)に間に合わなかったので、人気のプログラム(立体視プラネタリウム)はすでに満席。

3Dで星降る夜を体感したかったなぁ…という私のがっかり感とはうらはらに、4歳の長女はASIMO(アシモ)に一直線。

こちらでは、ASIMOのショーを見ることができるのです(予約不要)。
大人にとっては『あぁ…ASIMOね~』という感じですが、子どもにとっては一大イベント!

これがウチの子どもか?と思うほど、我慢強く行儀よく、ショーが始まるのを待ちます。
小さな子どもも大丈夫。親子席もあるのでちゃんと見られます。

ショーが終わったら、展示へ移動。

ウチの子どもたちはこのテの施設ではいつも、展示物のボタンを片っ端から押しては次へ次へと行ってしまうのですが、こちらでは「人体模型のパズル」など熱中して取り組めた展示もありました。

訪れるごとに少しずつ、子どもたちにとって「興味の持てる」展示が増えてきているみたいで、年パスが切れる前にあと何回か来たいなぁと思いました。

セラピーロボットに興味津々

プニ子

広告