箱根彫刻の森美術館 | 松戸子育て応援サイトまつどあ

箱根彫刻の森美術館

ひょんなことから箱根へ一泊旅行することになった我が家。
箱根なんて日帰りもできそうな場所なのに、腰を落ち着けて二日間過ごすとしたら何をする?ということで、有名だけれど行ったことがなかった箱根彫刻の森美術館に行ってきました。


箱根彫刻の森美術館って、屋外の展示を見るのがメインで、しかもムズカシイ彫刻ばかりのイメージがありませんか?
なぜ「この像」に「このタイトル?」と思いたくなるような。大人でも難しいのに、子どもに分かるかな~?と思いきや、子どもはやっぱりすごいです!タイトルなんて関係なし!
自由に展示物を解釈します。
途中から、「この像は何をしてるところ?」って子どもに聞くのが楽しくなってきました。

でも子どもはやっぱり飽きてくるので、“シャボン玉のお城(写真)”へ。
どちらも穴をくぐり抜けながら、けっこう高いところまで登っていきます。

中学生以上は遊べないので、もちろん親は中に入って助けてあげられません。
途中で『降りられなくなった~』と泣かれたらどうしよう、とドキドキハラハラ。

写真では分かりにくいですが、二人の子どもが頂上まで登りつめています!やった~!!
他にも塔(写真左下)に登ったり、目玉焼きのオブジェ(写真右下)で遊んだりと、まるでアスレチックに行ったようでした。


雨でも室内展示“ピカソ・コレクション”や“ごろごろコロン(室内滑り台など)”がありますので、いつ行っても大人も子どもも楽しめるな、と思いました。

プニ子

広告