いざという時どうする?千葉県西部防災センター | 松戸子育て応援サイトまつどあ

いざという時どうする?千葉県西部防災センター

千葉県西部防災センター

千葉県西部防災センターで災害擬似体験したことありますか?
地震、火事、水害の体験ができ、自然の恐ろしさが学べる県の施設です。
災害時、子どもや家族を守るには、何をすればいいの?

広告

「体験してみるといいよ」とのススメもあり、出かけてみました

まず、火災体験

まず、消火体験大画面に火事の様子が出てきて、実際に消火器を使って画面の火を消すのですが、あまりの迫力に子どもたちはビックリして泣き出す子もいました。

次に避難体験

火災の時の煙から安全に避難ずる方法を考えるコーナー。
すごい煙の中を出口を探して行くのですが、皆迷路の様な感覚で楽しんじゃってました。

そして地震体験

震度の低いうちは、子どももアトラクションに乗っている様にキャーキャー喜んでいましたが、震度4を過ぎた辺りから物にしがみついても、その物ごと危うい感じでとても怖かったです。
ここで私たちは断念しましたが、他にも風速30mの風や、風量30mmの大雨の風水害の体験コーナーや、119番のかけ方や仕組み、映画での災害の恐ろしさをイメージできるコーナーがありました。

編集後記

家族みんなで体験しておけば、本当の災害時に落ち着いて行動出来たり、いざという時のために日頃から話し合っておく機会になるなと思いました。
家に帰ってからも、今までは地震があっても”揺れてるね”と喜んでいた娘も今までは少しの揺れでもすぐ机の下に隠れ”地震怖いね?”と言っています。
子どもには怖い思いをさせましたが貴重な体験ができて良かったです。

まつどあ編集局 あやマン

施設情報

千葉県西部防災センター
住所:千葉県松戸市松戸558-3
電話番号:047-331-5511
駐車場:有り(無料)
maplink(Googleマップ)