子育てコーディネーターさんに聞いてみよう! | 松戸子育て応援サイトまつどあ

子育てコーディネーターさんに聞いてみよう!

子育てコーディネーターのバッヂ

おやこDE広場・子育て支援センター(主に0歳から3歳児向けに無料開放されている子育て支援施設)には、松戸市認定の子育てコーディネーターがいます。

広告

子育てコーディネーター

子育ての相談を受けたり多様な子育て支援サービスを紹介したり、適切な子育て支援機関につなぐお手伝いをします。気軽にご相談ください。

松戸市のホームページにはこのように紹介されている子育てコーディネーターさん。

子育てコーディネーターさんに話を伺ってきました

具体的にどんなお仕事をされていて、どのような悩みに答えて頂けるんだろう?と疑問に思ったので、今回E-こどもの森ほっとるーむ東松戸にいらっしゃる駒口さんに話を伺ってきました。

子育てコーディネーターの仕事とは?

端的に言うと、利用者さんの悩みをお聞きして、行政などの各関係機関につないだり、自分達の持っている情報を提供したりする仕事です。
しかしそれだけでなく、本当の気持ちや状況を打ち明けて頂ける関係づくりや、環境づくりも大事な役割だと思っています。

子育てコーディネーターの役割

特に意識しているところはなんですか?

相談事のその一部分だけの解決ではなく、根本的な問題に気が付けるように話を聞くようにしていること、信頼関係を築くために、広場を何度も利用したいと感じて頂ける環境にすることにもとても気を遣っています。

小さな悩みにも答えてくれますか?

勿論、どんな悩みでもお話聞きますよ。
寝ない、食べない、お友達と仲良く遊べないなど、子育て中の悩みは尽きないですよね。
行政機関に繋ぐことだけが私たちの仕事ではありません。
話すだけで楽になることもありますし、そのために私たちは広場にいるので、些細な悩みだと臆さずにどうぞ話してください。

編集後記

「行政と繋ぐ機関」という固い認識でいた子育てコーディネーターさん。
インタビューをさせて頂いて、もっと柔らかく、子育ての先輩として話を聞いていただける方達なんだなと感じました。
近くのママ友や、家族とはちょっと違う距離感があり、プライベートでの関係がないからこそ悩みを打ち明けられるという利点もありました。
駒口さんはとても優しい雰囲気の方で、インタビューする立場にありながら、最後は私の子育てに対する熱い気持ちを共感しながら聞いていただき、とても気持ちよく帰宅することが出来ましたよ。

まつどあ編集局 ぽちゃ

関連リンク

各地域のおやこDE広場・子育て支援センターには子育てコーディネーターがいます!(まつどDE子育て)

広告