楽しめてる?読み聞かせ Vol.1 子ども読書推進センターへ Go!編 | 松戸子育て応援サイトまつどあ

楽しめてる?読み聞かせ Vol.1 子ども読書推進センターへ Go!編

子どもと一緒に楽しい時間を過ごしたい♪そんなひとつの手段が『絵本の読み聞かせ』
でも…
「読み聞かせってどうやればいいの?」
「思うように読み聞かせが出来ないよー」
「そもそも、読み聞かせってなんのためにやるの?」
などなど…、考え出したらキリがない。
子育てママが抱える『読み聞かせ』の疑問を、この春オープンした
「子ども読書推進センター」の滝川さんに取材してきました。


今回の取材先である『子ども読書推進センター』は、松戸市立図書館本館のすぐそばにある、優しい色合いの建物の中にあります。

入り口に「開館中」という札がかかっているのが目印ですよ。
推進センター内は、用意されているスリッパに履き替えて入館します。
床がすべりやすいので、小さなお子さんは気をつけてくださいね。

推進センターの中に「おはなしのへや」があります。こちらのお部屋では小さい子のための読み聞かせ会が開かれています。
お部屋の中は柔らかなじゅうたんが敷かれ、子どもも足を伸ばしてくつろげるスペースです。
10組程度の親子対象の会なので、お部屋は広くはありませんが、かえって走り回ったりせずに座って絵本に集中でき、手遊びなども楽しめていました。

読んでいただいたどの絵本も魅力的、子どもたちはじっと聞いていましたが、読み手との距離が近く、個々の目を見て「これはなにかな」とコトバをかけてもらうと、子どももうれしそうに答えていました。
家庭的なやさしい雰囲気の読み聞かせ会、ぜひ足を運んでみて下さいね。

子ども読書推進センター内は、1階は「おはなしのへや」に貸し出し受付、読み聞かせボランティアさんの資料室などがあります。
2階へ上がると、小学生向けの過去の優良図書が揃えられています。
子ども用の机・椅子が備え付けられているので、ゆっくり読むことが出来ます。
また、他の図書館と違って、本棚の間隔が広くとられているので、その場に座って読むことも出来ちゃいます!
図書館本館ほど広くはないですが、選りすぐった本が置いてあります。
また、読み聞かせボランティアさん向けの研修を行う部屋もあります。
幼児のみの利用は出来ませんが、小学生のお子さんは、子どもだけで利用してもいいそうです。
夏休みには、小学生を対象にしたイベントが計画されているそうですよ。
また、「絵本はじめのいーっぽ」や「市民センターおはなし会」などの読み聞かせ会は市内各所で開催されています。お住まいの地域の読み聞かせ会にもぜひ足を運んでみては?

広告