生き物と触れ合おう~足立区生物園に行ってきました | 松戸子育て応援サイトまつどあ

生き物と触れ合おう~足立区生物園に行ってきました

おおごまだら

生き物と触れ合っていますか?
足立区にある生物園では様々な生き物に触れ合えます。

ほとんどは屋内なので、雨天時もOK。
猫、モルモット、やぎ、羊、ミニブタ、蝶、ザリガニ、ウサギ…。
展示の動物もクリオネ(期間限定)、陸ガメ、シマリス、ピラルクー(大型魚)、エイ、うつぼなどなど。

猫は、3匹いて人懐こく、すり寄ってきます。ウサギの毛のついた鞄を持っていたら、ガブリと退治されました。ふわふわなものは注意しましょう。
モルモットやウサギは、飼育員の指導のもと、ひざに抱っこできます。(雨天時、ウサギはお休み)
餌も100円で売っていて、モルモットや羊、ミニブタがおいしそうに食べます。

ザリガニ
サリガニは、平べったい水槽に大量に入っていて、横にはするめいかのついた細い棒が…。
ザリガニ釣りが楽しめます。大きなハサミのザリガニを釣り上げた時は、歓声が上がります。
小川で釣るのと違い、ザリガニの隠れる場所が少ないため確率は高いです。

ピラルクーの餌やりは圧巻です。
まずペレットを飼育員が投げ入れ、次に魚のぶつ切り、海老、小魚と入り、子どもたちは「食べた」と大騒ぎ。
と、突然生きた金魚が多数投げ入れられました。
これには大人たちにも動揺が走ります。必死で逃げる金魚…。
普段はあまり生餌をやらないそうなのですが、この日は新しく仲間入りしたエイに餌を行きわたらせるために入れたそうです。
餌やりは大体11:45頃を予定しているようですが、その日により変動することもあるそうです。
水の生き物

展示の動物も、いろいろな工夫がたくさんあり、下からうつぼを覗いたり、頭上をシマリスが歩いていたり、退屈しません。

入場料は大人300円、小中学生150円、幼児以下無料です。

まつどあ編集局 JO

足立区生物園 施設案内

住所 東京都足立区保木間2-17-1
電話番号 03-3884-5577
駐車場 あり(49台 有料)
地図 maplink(Googleマップ)
ホームページ 足立区生物園
広告