【閉店】子育てと仕事を両立する方法の一つ~コワーキングスペースMam@Labo | 松戸子育て応援サイトまつどあ

【閉店】子育てと仕事を両立する方法の一つ~コワーキングスペースMam@Labo

※2018年3月23日に閉店
コワーキングスペースをご存知でしょうか。
コワーキングスペースとは事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う為に利用できる場所で、近年松戸市でも増えてきています。


北小金駅ピコティ内にあるコワーキングスペース『Mam@Labo』に行ってきました。
こちらは、なんとキッズスペースが併設されている、松戸市では唯一のコワーキングスペースです。

こちらを運営しているのはAsMama
安心して頼れる相手とつながり、顔見知り同士で頼りあうためのネットの仕組み「子育てシェア」を活用し、子どもの預かりあいを通して、お母さんたちの社会進出、相互の育児補助を目的とする活動をしています。
Mam@Laboにはママサポーターと呼ばれる方が常駐しています。
『ママサポーターとはAsMamaが提供する託児研修(無償)を受講したのち、地域の送迎・託児を積極的に支援したい人です。
ママサポーターの多くは自分の子どもと一緒に活動するママたちで、有資格者も多数います。
(出典:Asmamaママサポーターとは
※2017年4月より、NPO法人MamaCanが委託運営となりました。

こちらの利用に予約は必要ありません。
利用したい時間に行き、受付を済ませます。
私たちは今回コミュニティスペースとキッズスペースを利用しました。
safe_image
コミュニティスペースには、ローテーブルが置いてあり、10名ほどでしたら余裕をもって座れる広さがあります。
こちらは電源とWi-Fiは利用でき、パソコンの持ち込みが可能です。

28 - 1
キッズスーペースはマットが敷いてあり、周りはソフトブロックで囲んでいます。
出入り口にはベビーゲートが設置されているため、勝手に外に出てしまう心配もありません。
今回はママサポーターの方達もお子様連れでしたので、2歳前の幼児から、小学4年生の子どもまで楽しく遊んでいました。
キッズスペースと繋がっているため、お子様連れの場合はお子さんの遊ぶ様子を見ながら、自分の時間を過ごすことが出来ます。
28 - 3
この他にワーキングルームもあり、パソコン、プリンター、シュレッダーが置いてあります。

コミュニティスペースでは飲食も可能です。
途中退出し、お昼を買って戻ってくることも出来ますが、託児では無いためお子さんを置いて行くことは出来ません。
また、おむつ替えの際は、近くにイオンと保健センターがあり、おむつ替え用ベッドがありますので、そちらを利用下さいとの事でした。

こちらを利用されるのは仕事のみならず、勉強の場として、休憩の場として、お友達との交流の場として利用される方も居るそうです。
コミュニティスペースは営業時間外のみ1時間1,000円でレンタルスペースとしての利用も受付中です
講座の開催やママ会の会場など、様々な用途で利用してはいかがでしょうか?
※平日16:00~22:00、土日祝10:00~22:00

多様な働き方に伴い増えてきている在宅ワーク。
ここは、そんな方法を選んでいるママの強い味方です。

まつどあ編集局 ぽちゃ

Mam@Labo北小金店
住所:千葉県松戸市小金2 北小金ピコティ西館 2階
電話:047-710-2332
※この記事はレポート当時のものです。変更などある場合がありますので、お出かけ前に施設・店舗への確認をお願いします。
広告