借りた本が子どもの成長記録の一つにできる! こども読書通帳を作ってみました | 松戸子育て応援サイトまつどあ

借りた本が子どもの成長記録の一つにできる! こども読書通帳を作ってみました

こども読書通帳記帳

松戸市で「こども読書通帳」が始まったと聞き、子どもと一緒に通帳を作ってみました。

「こども読書通帳」は図書館本館1階のこどものとしょかんと、読書推進センターの2か所で小学生までの子を対象に発行しています。
読書通帳申込書を記入し、利用者カードと一緒に申請するとその場で通帳を発行してくれます。
借りたい本の手続きをすると、2分後に通帳印刷機に反映されるので、自分で記帳することができます。
この2分間…待っているとついまた別の本に手が伸びてしまいます。
中を開くと本のタイトルと著者名だけでなく、「感想☆☆☆」となって余白があります。
読んだ本の感想を一言書くことができ、本のお気に入り度を☆を塗りつぶすことで表すことができます。
「この本は、面白かったから星たくさんだな」と、言いながら息子なりにデコっていました。

記帳された本は、10のカテゴリーに分類され1冊の通帳が終わると最後のページにどんな傾向の本を読んだか棒グラフで分析して表示されます。

通帳
「本なんて借りないよ~」と言っていた本嫌いの息子でしたが、なんと9冊!
借りた本を見てみると、「文学」にカテゴリー分けされる本が6冊もありました。
図鑑しか読まないと思っていたのは親の思い込みだったことに気づきました。

通帳の印刷機は上記2か所しか設置されていませんが、分館で借りた本も返却前ならば記帳が可能です。
知識が貯金のように貯まっていく様子を目で見て実感できる読書通帳。
0歳の赤ちゃんでも発行できるので、子どもの成長記録の一つにできるかもしれませんね。

まつどあ編集局 てぃっちゅん

関連リンク

リンク松戸市ホームページ>こども読書通帳を利用しよう!!

広告