楽しく学べる松戸の歴史♪ 松戸市立博物館 | 松戸子育て応援サイトまつどあ

楽しく学べる松戸の歴史♪ 松戸市立博物館

「大昔、松戸って海だったの?」
「じゃあ、調べてみよう!」
と、行ってきました!

広告

松戸市の歴史がわかる松戸市立博物館

21世紀の森と広場の地下道を通っていくと松戸市立博物館はあります。

裏手に広がる広い敷地には竪穴式住居が復元されていて、触れることができます。

ガイドさんから縄文人の暮らしぶりをききながら、主食のどんぐりをすりつぶします。
やまいもや卵と混ぜて「どんぐりクッキー」として食べていたのだそうです。

様々な体験もできます

編布体験

プレイルームでは麻の糸を布にする「編布(あんぎん)」体験ができます(予約不要)。

編布(あんぎん)体験

一人3段づつ編んでいくのですが、表情は真剣そのもの!
手間と時間をかけて布になっていく様子に縄文時代に思いをめぐらせます。

糸紡ぎ体験

小学5年生以上は糸紡ぎ体験もできます。
糸紡ぎ体験
糸車を使って綿から糸にしていきます。カラカラ…糸車を回すと心地よい音と共にあら不思議、ふわふわの綿が細い糸になっていきます。

子ども達がやると、力の加減でダマになったり糸が切れたり…

「むずかし~い」
「糸を作るのって大変なんだ…」

編集後記

展示室では、クイズに参加したりしながら、縄文時代からの松戸(下総)の歴史が学べます。

子ども達のお気に入りは50年前の常盤平団地を再現したコーナー。
当時流行していたものなど、食器や家電にいたるまでそっくりそのまま再現されています。
実際にお風呂に入ってみたり、黒電話をかけてみたり。
たった50年の違いでどれだけ今が便利になったかを実感できました。

まつどあ編集局 てぃっちゅん

施設情報

松戸市立博物館
住所:千葉県松戸市千駄堀671

電話:047-384-8181
アクセス:新京成線「八柱駅」JR武蔵野線「新八柱駅」下車、徒歩15分