親子で完走! 松戸市七草マラソン | 松戸子育て応援サイトまつどあ

親子で完走! 松戸市七草マラソン

「松戸市七草マラソン」、申込用紙が配られる小学校もあるので、参加申込された方もいらっしゃると思います。
小学2・4年生の息子がいる我が家では、初出場した今年に続き、来年も家族で参加を予定しています。
そこで、今年の1月出走した際の奮闘記?をご紹介します。

今年の1月、第56回松戸市七草マラソンに参加しました。
家族でマラソン大会に参加なんて初めて。
1年生の次男と母(私)は「ファミリー2km」、3年の長男は「3、4年生男子2km」、メタボ予防にマラソンを始めたお父さんが「一般10km」にエントリー。

2kmも走るなんて、大変!とママ友にも言われましたが、実際に走ると、息が切れない程度に走って15分くらいで終わっちゃう距離なんです。数回の練習で、普段運動していなかった私にも何とかなりました。
冬休み中は早起きして息子たちをたたき起こし、親子でマラソン練習(主に父親と…)をしたので、ダラダラ防止にもよかったですよ。

大会当日。小学生やファミリーの部は出走順が早いので、待ち時間は少なくてすみました。
ただ、受付のため早い時間(八時~)から外にでるので待ち時間は寒かったです。床や地面に敷くシートやカイロ、手袋、暖かい飲み物など、しっかり防寒対策がおススメです。
出走時間までは競技場内の出入りが自由なので、走ったりストレッチしたり、沢山の人で賑わいます。ベビーカーや小さい子どもの姿もチラホラ。3歳の娘もトラックを一緒に走って気持ちよさそうでした。
ラグビー少年団や空手などの少年チームも多数参加していました。

いよいよ出走時間になり、スタートには270組以上の親子が集結。アラフォーの母も緊張です。
「ファミリー2km」は、親子が手をつないでトラックを走り、ゴールするのが決まりなので、遅いお母さんは子どもに手を引っ張られてゴールすることに…。
私も残念ながら「母ちゃん遅いー」と怒られながら引っ張られてゴール(涙)。

ゼッケンには「タイム計測用リグ」が付いていて、タイムが自動計測されるので、ゴール後すぐにタイム入り完走証がもらえます。
記念品のタオルは子どもたちに好評、お気に入りになりました。完走して貰えた!と思うと、尚ウレシイのでしょうね。今年は息子に負けないように、練習がんばるぞー。

まつどあ編集局 りんご

広告