じっくり観察!千葉市動物公園 | 松戸子育て応援サイトまつどあ

じっくり観察!千葉市動物公園

夏休みももう終盤…。
ちょっと遠くに連れていきたいけど、この暑さのなか人ごみは避けたい。

というわけで乗り物好きも、動物好きも満足する、千葉市動物公園へ行ってきました。

千葉駅から動物公園まで乗車した懸垂型モノレール、(ぶら下がるタイプ)に息子は大興奮!
懸垂型では走行距離でギネスに認定されているのだそうです。

動物園はさぞかし暑いのでは…と覚悟していたのですが、意外や意外。
園内には背の高い木が木陰をたくさん作ってくれていました。

ゲージに向かう途中、ナナフシが風にのってやってきて息子のズボンにピタッ。
初めて見るナナフシから目が離せない子どもたちでした。

風太くん「ほらほら!早く動物見るわよ」といつもなら出るセリフも
人が少なくのんびりした空気だからでしょうか、のんびり待ってあげられました。

千葉市動物公園と言えば、二本足で立つレッサーパンダの風太くん!
飼育員さんの餌やりの時間となれば見逃せません。
「体重は何キロですか?」「どれくらい食べるんですか?」
娘の質問にも気軽に答えてくれます。

風太くん(実はもうおじいちゃんだったんですね!)の双子ちゃんも見ていて飽きないかわいさでした。

水遊び中央広場では夏の間噴水で水遊びができます。
時おり高く上がる噴水に子どもたちが大歓声!
水着や着替えがあればなおよしですね。
(下着の子もいました)

この暑さで動物は小屋や日陰に逃げて、ほとんど見れないかと思っていたのですが、人間よりもたくましく活動する姿をみて「がんばらにゃ!」と思ったてぃっちゅん一家でした。

まつどあ編集局 てぃっちゅん

千葉市動物公園 施設案内
住所 千葉市若葉区源町280
電話番号 043-252-1111
駐車場 あり(有料)
地図 maplink(Googleマップ)
ホームページ 千葉市動物公園
広告