子育てひろばで減災教室! | 松戸子育て応援サイトまつどあ

子育てひろばで減災教室!

子育てひろば「きらきら星」でママ向けの減災教室があると聞き、行ってきました。

壁にはひろば周辺の地図が大きく貼ってあり、ひろばに来たママたちはすぐ自分の住んでいるところにシールを貼ります。
地図には避難所がマークされていました。
「うちの近く市民センターは避難所にはならないんだ!」
「避難場所と避難所ってちがうのね」
と驚くママさんたち。
みなさんは知ってますか?(答はレポートの最後に。)

『ピーッ!』
突然、笛の音と共に避難訓練も行われました。
事前に知らされてなかったママはちょっとびっくり。
「お子さんを抱っこして~」
「部屋の真ん中に集まって~」

こういう時は、
・お子さんを抱えて身をかがめる
・窓ガラスなどから離れ部屋の中央に集まる
・床のスポンジマットや座布団などで頭を守る
のだそうです。

講座の様子ちばコープの方から「日頃の備え」について話がありました。
まず「いのち」を守ること。
そのための家具の固定、乳幼児を持つ家庭にはどんなものを用意すればいいかなど。
支所に行けばすぐもらえるという防災マップ。
これには避難所など大事な情報がたくさん載っているのでぜひゲットしておくようにということでした。

「子どもが3人います。どうやって逃げたらいいですか?」
と真剣に質問するママさん。
「1人でやろうと思わないで!ご近所さんに助けてもらいましょう」

なるほど。
今は助けてもらっても、きっといつかは助ける側になれるから。
もっと気楽に「お互いさま」。
それが何よりお互いの「いのち」を守る。
そんな日頃のお付き合いにも気付かせてくれた減災教室でした。

☆答え☆
避難場所:自治会や町会で決めている近所の公園など
避難所:自治体が定める寝泊りのできる施設(公立の小、中学校が主)

まつどあ編集局 てぃっちゅん

広告